私39歳 13歳年下のカレとの出会いからを綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私も


昨日 夜の仕事帰り

カレと電話をした


予定より遅くなり 夜中の2時30分ごろ

寝ていた私は寝ぼけながら

電話に出た


寝ぼけながら会話をする

会話と言うのかな?あれ

私はコソコソ電話なので “うん うん”ぐらいしか言えない



カレは 頭の回転が早く 沢山 いろんなことを話してくれる

私が“こうぢゃないの?”と意見すると

素直に“そうやな”と言ったことがない

そんなカレにいつか口で勝ちたいと思ってる( ´艸`)


いつもより 長い時間電話をしてた

その時  “静かやったらな”と ポツリ呟いた私

それを聞き逃さなかったカレ

私としては この口を少し黙らすには 風邪とかひいたら

静かかな?みたいな

軽い気持ちで呟いた


でも カレにはスゴく不愉快に思い

“腐った女を思い出した”と

昔の女友達だそうだ

いろんな話して と言われたから

話してたら うるさいみたいに言われたことがあったらしい



それと同じ

私は “腐った女”なん?

と 聞くと

彼女ちゃうしと


でも

女友達でも 彼女でも同じだと思う


だから

私は

カレにとって “腐った女”


私もひどいこと言った


カレの言葉もひどい


今日の私の頭の中から

“腐った女”と言う言葉が

頭から離れなかった


  


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © いつか一緒に居れる日を信じて…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。