FC2ブログ
私39歳 13歳年下のカレとの出会いからを綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一安心から
カレが無事だと分かり
一安心した
次の日


今度は別のことで
病院に行き
痛み止めが効かないまま
治療終わり
その後もずっーーーと
病んでるカレ


痛さが残ったまま
次の日
今度は


もう最悪 しけた
と メールがきた
何があったのか心配で


仕事中にメール送っても
返信なし
仕事帰りに電話しても
出ない…


こう続けて
ツイてないと可哀想になってきた


やっと 返信がきた♪
でも かなり凹んでるカレ
私に謝ることあると
だだ凹みなカレ


何?何?
怖いわ~ いろんなこと考えてた私。


病院に運ばれたのに
カレの様子も見に行けなかった私
彼女として何も出来なかった
失格だな。


カレに会いたい気持ちをグッと我慢してたのに
カレが
『○○ちゃんに会いたいよ>_<』とメールきて
我慢してた気持ちが
一気に弾けて 
私も会いたい気持ちが強くなり


眠いのは分かってる
それを覚悟して
次の日の夜 カレの元へと
車を走らせた


日付が変わったぐらいに着いた
でも カレはお仕事
1時間ぐらいで帰ってくるかな?と思ってたけど
2時過ぎてもまだ帰って来ない
待ってる間 私はカレの部屋で
ウトウトしてた
ちょっと寝ては 携帯見ての繰り返し


暫くしたら カレが帰ってきた♪
寝ている私に カレは
『ただいま』と抱きついてくれた
さすがに2時を回ると 寂しくなり
泣いちゃったよと言うと


今日は 友達が来るって言ってたやろ?と
あっーーー!そやった!
この日は予約入ってたんやと…
友達とは あのお二人様です^^


会話の中で 今日 私はどうしてるん?
ってなり ごまかしてたけど
ごまかしきれず ホントの事を話たら
何してる!早よ帰ったりや!と
でも お二人様はお客様
ちゃんとお金を払って 飲みにきてくれてるお二人様
カレは 店員として最後まで付き合う


そのお二人様の後押しもあり
あんな時間だったけど
早くに帰れたんだよと。


ホントにごめん ごめんと
何回もカレに謝った
今度 お二人様に会ったら
私からもちゃんと 謝らないと


いろいろ話を始めるカレに対し
私は眠たくて寝転んだまま
これではあかん!と 体を起こし
カレと向き合った


お帰りー
心配したこと
元気でよかったこと
いろいろ話できて
嬉しくて 泣いてしまった


カレが暗い表情で
ごめん 謝ることが
去年のカレの誕生日にプレゼントした
ブレスレットの一部を病院に運ばれた日に
どこかで落としてしまったと
ホンマにごめんな


ショックやけど
今の私は カレが元気で私の前に居てくれることだけが
幸せで 胸がいっぱいだった


また そのショップに2人で行こ
落としてしまったのを再購入しようと


カレと一緒にいれたのは
たったの2時間
寂しいけど 仕方ない


帰る時 カレに何回か声をかけたけど
よく寝てる
最近 熟睡できてなかったカレ
バイバイ出来ないけど
そっと寝かせといてあげようと


“帰るね またね”のキスをし
カレの部屋を後にした



帰り道は 相変わらず
ヤバかった(゚o゚;)



後で カレからのメール
来てくれてありがとう
○○ちゃんが居てくれたから
よく寝れたよと
行ってよかったと
改めて思った






スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © いつか一緒に居れる日を信じて…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。