私39歳 13歳年下のカレとの出会いからを綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安で  不安で


私だけが 思ってるんだろうな
この 気持ち…



住んでるとこが 離れてることも
私に家庭があることも
13歳という 歳の差も
それを 全部含めて
pinkpurpleの事を 好きになってくれたカレ



でも 不安
やっぱり おかしいよね
周りの人達 どう思う?



こんな事 思ってると 重い口をあけた



そうすると カレが 
『○○ちゃんは 俺と付き合ってるんやで! 周りなんか 関係ないやん!
俺と違って 周りがよかったらそれでいいんか!?』



『いやぁ~ そうぢゃないんやけど…
私でいいんかな?って 思ってしまうねん』と 言った



『○○ちゃんが 主婦ぢゃなかったら 
俺ら あそこで会うこともなかったやろ?
独身やったら あの町に住んでもなかったやろし
○○ちゃんが 主婦やったから 会えたんやで!』と カレが…


ほんま ストレートに言ってくれる(#^_^#)
ちょっと この不安が 取り除けた気がした♪


カレに 会いたいよ~
ギュッと 抱きしめてもらいたいよ~
と 涙してる pinkpurpleがいました




“どこでもドア”がほしい
ちょっとの時間があれば すぐに会いに行けるから(・_・、)




スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © いつか一緒に居れる日を信じて…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。