私39歳 13歳年下のカレとの出会いからを綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢なのか? その2

土曜日予定より 1時間遅れてカレん家に到着

遅れたのは 高速道路やとお金かかるんで

無料の道路でカレんとこに行ける道で行ってみよう!と

出発したものの その道路は完ぺきには完成してなかった(ノД`)

知らない土地で迷子になり カーナビがあるわけでもなく

こっちかな?と思いながら

いつもの高速道路へと向かった

何してたんだこの時間 ムダな時間を過ごし自分に苛立った

カレん家に着いて 玄関開けるとおばあさんに遭遇

『こんにちは おじゃまします』と会話を交わし

カレの部屋へと入って おはよ~とカレに抱きついた

『遅れるってメール見てないやろ?』

『うん。喉渇いた お茶貰ってきて』

最近こき使われる私。

『キッチンへ飲み物取りに行けるわけないやん!

おばあさんや誰かしら居てるし…』

『大丈夫! ほら行ってきて~』とお尻を押される

『もうーー 何でよ~』と言いながら キッチンへと向かった

前はお泊まり出来た朝に言われ さすがにスッピンは…と言っても

『関係ない 行ってきて~』ホットコーヒーを私の分も含め

おばあさんに作ってもらった

今回は『冷たいお茶でいいから』だって

おばあさんに『冷たいお茶が欲しいんだそうです』と伝えたら

『甘えるなって言うとき』と言われた( ´艸`)

その通り~


映画の時間どれにする?

混んでると思うから 早めに行ってチケット確保してから

お昼ご飯食べよかってなったのに

イチャイチャし始めた 私たち。(#^.^#)




スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © いつか一緒に居れる日を信じて…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。