私39歳 13歳年下のカレとの出会いからを綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレの存在


 
4時間という 短い間でしたが
楽しかった♪ 大阪でのデート


お互い地元に帰ってからも
日々 メールや 私の時間がある時は 電話をしたりと
笑いの耐えない日々がつづきました(^ー^)



でも その当時 私の心の中は 
カレのことが好き!って 気持ちにはなってなかった



飲みに行く機会が ちょこちょこあるカレ
『可愛い女の子いた?』『女の子がいた方が楽しいやろ?』と聞くと
『女 いらんし いるとうっとうしいわ!!
男ばっかでええねん!』と 私にはその気持ちが分からなかった…
野郎ばっかりよりも ちょっと花がある方がいいやん♪
って 思うわたし。


でも カレは違った
男友達で飲みに行く時に
たまぁに 女の子が いると
『可愛いなぁ』とか 褒めるどころか
酷いけなし方をする(゚o゚;


『本心は そう思ってなくても ちょっとぐらい褒めてあげようよ』
って 言っても 『間違いを言ったら 本人が可哀想やん
 ちゃんと教えてあけやんと』って優しい?言葉に聞こえるけど
まぁ… 毒舌で(+_+)
pinkpurple言われたら めっちゃへこむわ( >_<)




でも 私が 隣でいるのはいいんやって(≧∀≦)
『それは 楽しすぎて たまらん( ̄∇ ̄)』だって(^-^;)



そうかな?
『こんな おばちゃんより 
もっと若くて 可愛いこ たくさんいるやん!』
と言うても 聞く耳持たず



『そんなん 関係ないねん!! ○○ちゃん 可愛いで!』
と 言われ 自然と顔が綻んでる わたしがいた(〃'▽'〃)


また 不意に『俺のこと好き?』と 聞かれた
私は 無言になってしまった…
気にはなるよ 日に日に カレのことが…



でも 心の中は
年齢差というのが大きな壁になり
一応 旦那 子供がいるというのも引っかかっていたので


『うん!好きかも(〃▽〃)』と言う言葉を
飲み込んでしまった




スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © いつか一緒に居れる日を信じて…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。