私39歳 13歳年下のカレとの出会いからを綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後  その3

ようやくお目当ての財布を購入したものの

時間がかなりかかり 私の誕生日祝いはまた無理っぽいかな?と

半ば諦めかけてた私。

行きたいお店は人気があり 年末ということもあり 予約してないし

あかんやろ…と思いながらもお店へと車を走らせた

案の定お店は満員状態? 忘年会で座敷は埋まってる

カウンターも カップルで(・_・、)

座敷が何とか空いてたけど 周りはすごく賑やか^^;

その中 私たちは案内され 気になりつつも2人で

食事とお酒を堪能しました♪♪

この後 カラオケ行こか(^∇^)ってなり

寒い中 カレと腕を組み歩いて移動した

2時間カラオケを楽しんだ

トイレを済ませて会計をしているカレの元へと行くと

女の子と話してる感じ

誰かな? 私が近くまで行くと会話は終わった

私に気付いてない女の子

よかったぁ… 彼女って分かった時には( ̄∇ ̄)

どうなることやら( ̄。 ̄;) 焦った

あの女の子は前の忘年会の時に居てた子やで

私のこと覚えてる?って声かけられたらしい

珍しく?覚えてたカレでした うどんおごってもらったからかな?(笑)

代行で家に戻って カレの腕の中で寝ました(-_-)zzz

次の日 ゆっくりとした朝を迎えました

時間はもうお昼!2時すぎにはカレとバイバイしないと…

お腹すいたから 家で食べよう!となったものの

カレがキッチンへ行くと 部屋に持ってこれないから

向こうへ食べに行くぞと言われたものの

スエットにスッピン(・_・;)

キッチンにはおばあさん 妹さんもいる。。。

えっーーーと言いながら 重たい重たいお尻をあげ

キッチンへと向かった  おはようございます。と入ってたけど

顔がなかなかあげれず しかもお腹すいてるのに

思ったように食べれない 喉が通らない

せっかく作って下さったお料理残すなんて…

申し訳ないので カレに頑張って食べてもらった(笑)



寂しい気持ちの中 帰る身支度を整え

カレの元を後にした



来年は何回お泊まり出来るんかな?



 
スポンサーサイト

今年最後  その2
記事が前後したけど

気持ち切り替えて(ゝω・)





回転寿司屋さんをあとにし

早速 お目当ての洋服を買いに走らせた

まずはカレの洋服を

私はそこの店員さんかのように ハンガーから服を外し

カレのアウターを持ちどう?と訊ねる

うーん イマイチやなと言うカレから洋服を預かり

元に戻す そんな繰り返し(^-^;)

私はここの店員っか!って突っ込んだよ(笑)

カレはただ笑うだけ~

ここでは私も少し購入♪ 私が試着したいときはかなりスルーな感じで

次から次へと私の服を探すカレ  何で私の時は定員さんしてくれへんのよ!っと

やや切れ気味o(`ω´*)o

まぁ そんな怒んなさと一言。笑いながらオレは探してるんや~

はぁーそうですか。。。 諦めたよ( ̄。 ̄;)

白いダウンコートが欲しかった私 なかなかいいのがなく諦めかけた時

カレがこれは?と白いコートを指差した

襟にはファーがあり 腰はリボンが出来る紐がある

可愛いけど これを私が着るのは痛すぎる>_<

とりあえず鏡の前で試着 サイズも大丈夫そう(^o^;

私には似合わないって思っていて 鏡を見ると悪くない??と思う自分がいて(^∇^)

よし!これにしよう!!とカレが買ってきてくれた

ありがとうね(^-^*)

途中でカレが買ってくれたコートに着替えて

デート再開です♪

私は8年使ってきたカレのお財布がかなりボロくなってきて

しかも使いにくそうにしてたのが気になってたので

お財布をプレゼント(≧∇≦)b

かなりお店を見て回ったけど 私好みのがなく

最後に行ったお店でようやく発見!

これ!こういうのをプレゼントしたかってん!

でも 実際には使いにくそうにしてるカレでした。。。

今のカレの気持ち
今朝方 カレから電話があった

友達と飲みに行ってきて帰ってきたとこ

二回目の着信で気づき ちとご機嫌ナナメなカレ^^;

カレの寂しさがMaxだった

今まで 女が途切れた事がない(初耳!)

彼女に会えない時とか 違う女を家に連れてきて

寂しさを紛らわし それに満足

そんな日々を送ってきたと

今は 私の事が本当に好きやから

そんな事してない 寂しいけど我慢してる

でもそれがいつまで耐えれるかは分からん

いつまで待つのかも分からん 先が見えないやん

だから もう待てへんって言う日が先にくるかもしれやん


俺かて ○○ちゃんを返したくないんやで

泣きそうになるんやで

寂しい思いしてるの俺も一緒やねん

痛いぐらいに分かってるから

うん…そやね、としか言えないわたし。






いつか終わりが来そうな気がする


その時まで 


カレの彼女でいたい


終わりがきても カレのことに対する気持ちは変わらない


ずっと ずっと好き



朝から辛すぎる










今年最後  その1
カレと会える日が この日が今年最後の日となった23日

しかもお泊まり(*^^*)

仕事が忙しいカレに行けることを伝えると

喜んでくれた

お休みを取ってくれたカレ

いつも申し訳なく思う私がいる(ノД`)

そんなカレはいつも 大丈夫やで と言ってくれる

でも ホントはどう思ってるんかな??


カレのとこへ予定通りお昼前に到着♪

いつものように おはよーと抱きついた

カレが見て~と 顔を私の目の前にもってきた

分かる?と聞いてきたカレ

分かるよ~ 髪の毛切ったね(ゝω・)

パーマもかけたんやでーと言われて

寝癖もありあんま分からんかった^^;

◯◯ちゃんに会えるから行ってきたんやで~(∩´∀`∩)

そんなカレが可愛く 愛おしく思い ギュッと抱きしめた(〃▽〃)


今日は○○へ行こ ○○へご飯食べに行ことか話した後に

私から 二言。

まず この前飲みに行ったカレに対して スッゴく楽しそうだったので

ヤキモチ妬いたよーーーと

今まで  話聞いててもそんなに思わなかったけど

今回は 何かモヤモヤしてた私

もう一つは… 私のお誕生日祝い忘れてる?と聞いた

忘れてないとは言ってるけど(;¬_¬)



カレがクリスマスプレゼントとして 私に洋服をプレゼントしたいん!と

だから後で出かけるで~と。

その前に買ってあるものあるんやで~と。

いつ来てもいいように クレンジング 洗顔フォーム 化粧水 乳液を

妹さんと一緒に選んで買ってきてくれたカレ

お泊まり出来るのって 年に数えるほどなのに

一生懸命選んでるカレを想像したらこみ上げてくるものがあった

ただ ありがとう(T^T)と言うしかない私。


お昼ご飯何食べたい?と聞かれても…

思い浮かんでこないなぁ。。。

逆に何食べたい?と聞いてみた

お寿司もいいけど 肉うどんも食べたいなぁ…

回転寿司やん(笑)と突っ込むと2人で大笑い

暫くしてから 2人で某回転寿司屋さんへ向かった








そっとしとこっ


今週から

いつまでか分からないけど

1時間半かかるとこへ仕事に行ってるカレ

いつもより朝は早く

帰りも遅い

その上体力的にもかなりしんどいみたい>_<

毎日 めっちゃしんどいと。

しんどすぎて 熟睡できないらしく

横になったりはしてると

そんなカレにメールしたいとか

電話したいとか

言えない。。。


疲れてるカレに何もしてあげられない



そっとしとく事が

今の私に出来ること。


寂しいけど

仕方ないよね(T^T)



体調崩さず

無事仕事 乗り切って欲しいな

寒いけど 頑張ってね。



何も力になれんくって

ごめんね…





でも ホントはね


ホントはね



声だけでも聞きたいよーーーー。゚(゚´Д`゚)゚。







♪1年半♪


今日

12月19日は  

カレと付き合ってちょうど

1年半を迎えました♪


カレと会った時

その時だけで

終わるものと思っていたのに

付き合うことになるなんて



今は

もっと前から

付き合ってる感じがする

2年 3年と記念日を迎えられたらなぁ



まだまだ先は長い

頑張れるかな?

頑張ってくれるかな?



まずは 一緒に居れることを



○○○くん

大好きだよ♡







夢なのか? その3
映画館へ車を走らせた

思った通り 混んでるーー

早くて 夕方の時間しか空いてなくて>_<

仕方ないよな 今日は私にもまだ時間に余裕があり

夕方から映画観ても大丈夫だった

映画始まるまで レンタル屋さんに行ったり

別のところへご飯を食べに行き

そこでブラブラとショッピング

その後 映画館のあるとこへと戻り

車の中でちょっと寝たいとカレが

きっとこのままやと上映中寝てしまうと

シートを倒して眠りにつくカレ

ブランケットがあるのでカレにかけてあげた

2人分のコーヒーを買いに行き カレを起こしても反応なし。

カレの寝顔を見ながら コーヒーを飲む私

私といると眠気がくるんだって 何でかな?

聞く間もなく眠ってしまったカレ



2人で映画を観て カレん家へ向かった

少し寝たおかげか カレは寝ることはなかった

時間的にカレの部屋に上がってる余裕はなかった

車でバイバイすることに

先に飲みかけのコーヒーを置きに行き

レンタルしたものを置きに行き

雨の中カレは戻ってきた

この待ってる間 今年これが最後かな?

クリスマス辺りにまた会えるかな?

とか考えたら ウルウルしてきた(T^T)

でも カレの前では笑顔でいたい

窓を開け キスをし バイバイ またねとカレの顔に触れ

カレん家をあとにした


その後 1人車の中で 大声で泣きぢゃくる私がいた。





久々にデートらしい

デートが出来た(*^^*)

楽しい時間だった

手をつないだり 腕組んだり

何気ないことで 熱く語ったり

私らって ホント気が合わないなって^^;

2人で 違うよー 違うやろーの繰り返し

今 思い出すだけで 笑ってしまう

いつか こんな日がきますように…




夢なのか? その2

土曜日予定より 1時間遅れてカレん家に到着

遅れたのは 高速道路やとお金かかるんで

無料の道路でカレんとこに行ける道で行ってみよう!と

出発したものの その道路は完ぺきには完成してなかった(ノД`)

知らない土地で迷子になり カーナビがあるわけでもなく

こっちかな?と思いながら

いつもの高速道路へと向かった

何してたんだこの時間 ムダな時間を過ごし自分に苛立った

カレん家に着いて 玄関開けるとおばあさんに遭遇

『こんにちは おじゃまします』と会話を交わし

カレの部屋へと入って おはよ~とカレに抱きついた

『遅れるってメール見てないやろ?』

『うん。喉渇いた お茶貰ってきて』

最近こき使われる私。

『キッチンへ飲み物取りに行けるわけないやん!

おばあさんや誰かしら居てるし…』

『大丈夫! ほら行ってきて~』とお尻を押される

『もうーー 何でよ~』と言いながら キッチンへと向かった

前はお泊まり出来た朝に言われ さすがにスッピンは…と言っても

『関係ない 行ってきて~』ホットコーヒーを私の分も含め

おばあさんに作ってもらった

今回は『冷たいお茶でいいから』だって

おばあさんに『冷たいお茶が欲しいんだそうです』と伝えたら

『甘えるなって言うとき』と言われた( ´艸`)

その通り~


映画の時間どれにする?

混んでると思うから 早めに行ってチケット確保してから

お昼ご飯食べよかってなったのに

イチャイチャし始めた 私たち。(#^.^#)





夢なのか? その1
土曜日 カレと会えた

いつもより長い時間一緒居れた

行く何日か前の電話でカレに行ける日と時間を伝えた

『早めに言ってくれてよかったよ

仕事になるとこやった』

えっーーー 仕事休んでくれたんや>_<

申し訳ない気持ちでいっぱいになった

きっとカレなら 『かまわんよ 会える方が嬉しいやん』って言ってくれるのが分かる

また違う日の電話で『ワンピース土曜日してる?観に行かへん?ワンピース嫌いか?』と聞かれた

あの映画嫌いのカレから 思いがけない言葉を聞きびっくりした

自分の耳を疑った

テレビは日曜日にしてるのに 何を言ってるんだか

映画の話だったんだ( ̄∇ ̄)

カレの住む街で一緒に映画を観れるなんて夢を見てるようだった



カレに会えると言うのに

何故か涙もろい私。



カレに会いたい


カレに会いたい


カレに会いたい


今 何してるん?



バカな私。
最近の電話する時間が

夜中にする事が多くなった



3時頃の電話に寝ぼけながら起きる

今日あったことなどを話してくれるカレ

でも睡魔には勝てず たまぁに寝てしまってる私。^^;



昨日は友達がしてる居酒屋へ飲みに行ってくるわ

とメールあり

夜中に電話がなった

カレ専用の携帯は寝室に上がってから電源入れる

私はこたつでウトウトしてしまい

寝ぼけながら起き トイレに入ったら

スマホに着信が(・・;)

あっ!また怒られるーーー

トイレで電話に出ること出来ず

寝室に入り慌てて電源入れて カレに電話をする

第一声が

『何で電源いれてないねん 何してたん バカバカバカバカ』

と言われ

『ごめんな ごめんな 洗濯終わるの待ってたら寝てしまって(×_×)』と

理由を話すと

『オレ泣きそうやってんから(T^T)』と

酔っぱらってる時は

いつもより 寂しさが増すみたい… 


女友達とガールズバーに行った帰りに電話が…

女友達とガールズバーに行くものなのかな?

よく分からんないけど

カレの話をずっと聞いていた

『○○ちゃんのこといい子やな~って話してたのに

電源入れてないし 電話出ないし

その子と2、3年すると待つのしんどくなるかもなとか

いろいろ話しててんで』

うん…そうかもね。。。

今は会えるのが楽しくて 

会えないのも寂しかったり

この先 どうなってるんかな?

私たち。



この日は ごめんねと謝るしかない

pinkpurpleでした

いつもタイミング悪い。。。



信じてる


昨日 カレは忘年会に出かけた


20人ほど集まると


女の子は来るかどうかは知らなかったカレ


でも 野郎ばっかなワケがない


集合時間に行ったカレ


やられた-_-#


男 3人しか来てなく(出遅れてて10人ほど集まった)


女12人もいたと


忘年会どころか 前みたいな合コンやん!とボツイてた


途中にメールやり取りしたり


帰りに電話大丈夫やでって言ったけど


カレから 帰りにかけるな!と言ってくれた♪


電話を待ちながらこたつでウトウト


かかってきたと思ったら まだ帰れず


ちょっと時間出来てかけてきてくれた


軽く話を聞き 後で今日の事ちゃんと話からな


イヤなこと聞かすことになるかもしれんけど…


なんて 言われたら


電話切ってから いろんなこと考えた


想定はしてたけど それ以上の事があったのかな?


気になって 気になって


カレのこと信用してるよ  カレは大丈夫


結局 開放されたのは朝の5時前


おはよ~ 今家まで送ってもらったよ


○○ゲームとやらで ○○するとか


気にいった子に○○するとか


何回かトイレに逃げようとしたけど止められ


逃げたトイレ先で…○○されたり


想定はしてたものの 言葉つまるとこもあった私


でも 私はカレを信じてる


カレも私だけと言ってくれる


集まった女の子の半分ぐらいは


俺に彼女いるって知ってる子ばかりだったらしく


付き合いだからね


特に忘年会シーズン 仕方ないんかな?




うん。


カレは大丈夫


フラフラと女の子と消えたりしない



詳細を話してくれた 


少し寝たあと


カレは仕事へとでかけた
























泣き虫  損な性格
先週のある日の夜

夕ご飯を済ませた後 買い物へと出かけた

カレと合間は空くものの

メールのやり取りをしながら買い物を。

レジを済ませ 袋に詰めていると

急に涙が出てきた

下を向いたまま 早くこの場を去りたくて

必死に詰めてた

早歩きで 車へ戻る

余計に涙が止まらなくなり

その事をカレにメール

電話出来るか?と(T^T)

すぐカレに電話した

俺かて辛いねんで

と言われ

そやんな 私だけちゃうもんな ごめん(×_×)

と謝ると

私と会えないのが辛いのかと思いきや

思うようにゲーム進まなかったり

おもろなかったりで…

拍子抜けした私

思わず笑ってしまった

それがカレなりの優しさだったのかな?

泣いてる私をちょっとでも

笑顔にしようと面白い話をしてくれたんだと。

いつの間にか 泣き虫な私はどこへやら^^;



 
先週の後半から

疲れが抜けず

軽く夕ご飯を食べたら

こたつで寝る日々を送ってた

カレにメールしたいのに

する元気もどこかへ行ってしまい

寂しい日々をカレは過ごしてたのかな?

そうでもなく ゲーム三昧の日々を送ってたみたい

それはよかったと一安心の私

でも 少しは寂しい思いしてくれてたら

可愛いって思ったけど…>_<

逆にメール来ないし ゲームしやすかったんかな??

夜中 たまぁに電話かかってきたりするのは変わらない

その日あったことを話してくれるんだけど

寝てるとこを寝ぼけながら 聞いていても

途中でウトウトすることがあり(・・;)

今日はもう寝よっかぁと中途半端で切ることも…


この土日は子供たちのことで

車や電車で遠出してた>_<

普段は子供のことをあまり話しないが

今回は言ってみた

大変やな>_<と言ってくれた

その通り 大変に疲れた2日間だった


そんな中 カレは本日忘年会

20人ほどくるらしく

女子はくるん?と聞くと

知らん と

興味ないのか?

逆に私はモヤモヤ モヤモヤ

外出から帰り 家に着くと現実に戻され

悲しみが襲ってきた

また泣き虫病が…

帰りに電話しよか?と言ってくれたけど

大丈夫(^^)と 無理をしてしまった

素直にして!って言えば可愛いものの

何で私って こーなんだろ

損な性格だな

こんな性格直したいーー

キライやーー

子猫みたい

日曜日の夜

カレに会いに行った

翌日は 会社 学校もある

前と同じように サンドイッチを作っていった

泊まりに行くから

一緒にお風呂入ってくれるかな?

行く時間遅いし 待っててもらうの…悪いかな?

と思い 変に思われるかもしれないが 早い時間にお風呂に入り

サンドイッチ作り カレの元へと向かった

いつもよりかは早く行けた(≧∀≦)


ゲームをしてるカレ

小腹が空いた私が マックのポテト食べたい気分~って言ってみた

お値段もいつもより 安い期間もあり

お菓子や飲み物買って行ったけど

カレもマックのセット食いたかってん~って

セット??私は無理~といいながら

マックへと2人で向かった♪


結局ポテトを食べ切れなかった私、

勿体ないことして ごめんなさい。


カレは一緒にお風呂に入るつもりでいてくれたのに

私は逆のこと考えてて

いつもこんな感じやなと2人で笑った

一緒のお布団に入り

カレの腕枕が嬉しくて(*^^*)

携帯のゲームをしたり 話したりと


次の日 朝早く起きた私は

カレを起こさないようにしてたのに

起こしちゃって

どこへ行くん?


洗面所でお化粧とかしてこようかなって


ここでしいさ 


電気つけたら 眩しいやん 寝れなくなるやん


かまわんよー


と言いながら電気をつけてくれたカレ


カレのそばへ戻ると

ネコみたいに私にずっとすがりついてるカレ

可愛くて 愛おしくて 頭を撫で撫でしてた私

おかげで 出る時間が少し押した>_<


ずっとそばにおれたらね…




もうすぐクリスマス

カレに何欲しい?って聞くと


○○ちゃんが欲しい…と。


いつか 叶うから

待ってて下さい。






カレの気持ち
先日の電話から

カレの気持ちをぶつけられる日々

辛い想い 寂しい想い 悲しい想い

それに対して 今の私に出来ること

今は 別れることは出来ない

でも待っててとは言えない

そこまで私が縛りつける権利があらのかな?

と この2、3日を過ごしていた


昨日 夜の仕事最終日

帰りまた電話するから電源いれといてやと。

かなり予約が入ってるから

きっと朝方に電話かかってくるだろうな

とは 思ってたけど

今朝の6時をまわっていた

“おはよー”と起こされた( ̄。 ̄;)

“オレはやっぱり○○ちゃんがいいねん

好きやねん

一番やねん

○○ちゃんぢゃないとあかんねん

子供が一番やから

成人して分かって貰えて

それからやな

今までこんなに人のこと好きになったことない

一緒に居たいと思ったことない”



“でも ずっとは待てないかも”

ボソッと聞こえた




私も

それでもいいと思った

その時は その時なのかな…?



先日の2日間の電話と違い

カレの声のトーンも明るく聞こえた

友達がお店に来てくれて

いろんな話が出来たからかな?

想いを言えてスッキリしたのかな?



“私はもうあかんのかと思ったよ”

と言うと 

“人の話聞いてるか?誰もそんなこと言うてないやろ?

オレの今の気持ちを言っただけやんか”


でも 私には 別れかと思ったよ。。。(T^T)



言いたいことだけ言うて


次は下ネタ満載の話を

朝っぱらから聞かされた pinkpurpleでした。



これから いろんなことがあるのは目に見えてる


1つ1つ カレと乗り越えて行きたいです。







 


Copyright © いつか一緒に居れる日を信じて…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。