FC2ブログ
私39歳 13歳年下のカレとの出会いからを綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言ってはいけないことを…



カレに 思ってることを 打ち明け
少し 楽になったのも つかの間



次の不安が pinkpurpleに 押しかかってきた



いつ 会えるか分からない pinkpurple
そんな中 カレに凄く悪い
申し訳ない気持ちになり
こんな事を思ってた



若いし 性欲なんて ハンパないと思われるカレ
『こんな おばちゃんやし 
いつ会えるか分からん私を待つより
近くで 若い子と遊んでもいいと』



2人子供生んだこの体
胸は垂れて
お腹は出てるし
お尻はデカくて 垂れ下がってる



こんな おばちゃんと付き合った事がないと思うねん
今までは 同年代と付き合ってきたと思うカレ
そう思うと…
若い子の方が いいやん! ピチピチやで!
私なんて…。゚(゚´Д`゚)゚。
きっと びっくりするはずΣ( ̄□ ̄)!



ほんまはイヤやけど
私で いいんかな?と言う不安がある以上思ってしまう!




ある日 とうとう 口にしてしまった(≧Д≦)




でも カレは 
私の不安を少しずつ取り除くように
ゆっくりとカレの気持ちを話してくれた



もっと 怒られるんやとばかり 思ってた pinkpurple
少し 口調が怖くなるとこもあったけど
私が そうさせたんだけど…



カレは 優しかった
でも こんな事言われ 落ち込むカレがいた
ショックだと




私ばかりぢゃない
カレも 寂しいんだと
そんな 気持ちも分からずに
自分だけが…
自分だけが…



ごめんね…
と 何回も 謝った








今度 カレの住んでる 街へ行くことになった!
楽しみ~♪



 

 
スポンサーサイト

GW


世間は GWに突入していますね


pinkpurpleは 今日は休みですが
明日 明後日と仕事で
まっ カレンダー通りって事ですね(笑)


子供たちは 休みの日でも 部活の日々で
特に下の子供は 3~5日は 毎日遠征です(゚o゚;
マネージャーなんですが…(^_^;



と 言うことは お弁当が 途切れる事がないと言うことで
朝から 一週間分のお弁当(おかず)作りスタート!


次は お風呂掃除(゜Д゜;≡;゜Д゜)



疲れちゃいまして お昼前から 気付けば 一時間ねてしまいました(笑)



今晩は 餃子にしよっ!と 昨日から張り切っていたので
久々に餃子作りスタート!



今は 皮に包むだけの 状態です(^_^)v
今日も 美味しく出来てるといいなぁ(*⌒▽⌒*)


ほんとは カレに食べてもらいたいんだけどなあ(笑)
いつに なるのかなぁ(。・ω・。)




旦那は 本日より 6日まで 休み_| ̄|○
子供たちがいない連休をどう乗り越えるかが
最大の課題である pinkpurple

今日も 子供たちが居なかった14時まで…
苦痛 
子供たちがいても いなくても 苦痛は変わらないけど
まだ いてくれると 私はマシ(+_;)



子供たちも この空気イヤだろうな…
ごめんね……



不安で  不安で


私だけが 思ってるんだろうな
この 気持ち…



住んでるとこが 離れてることも
私に家庭があることも
13歳という 歳の差も
それを 全部含めて
pinkpurpleの事を 好きになってくれたカレ



でも 不安
やっぱり おかしいよね
周りの人達 どう思う?



こんな事 思ってると 重い口をあけた



そうすると カレが 
『○○ちゃんは 俺と付き合ってるんやで! 周りなんか 関係ないやん!
俺と違って 周りがよかったらそれでいいんか!?』



『いやぁ~ そうぢゃないんやけど…
私でいいんかな?って 思ってしまうねん』と 言った



『○○ちゃんが 主婦ぢゃなかったら 
俺ら あそこで会うこともなかったやろ?
独身やったら あの町に住んでもなかったやろし
○○ちゃんが 主婦やったから 会えたんやで!』と カレが…


ほんま ストレートに言ってくれる(#^_^#)
ちょっと この不安が 取り除けた気がした♪


カレに 会いたいよ~
ギュッと 抱きしめてもらいたいよ~
と 涙してる pinkpurpleがいました




“どこでもドア”がほしい
ちょっとの時間があれば すぐに会いに行けるから(・_・、)





いいんかな?


カレとの 付き合いが始まった(≧∀≦)



でも… 今までと変わりなく メールや電話をする日々を送る



私の場合 いつでも 会えるわけでもなく
しかも カレと私は 近くに住んでるわけでもなく…



そう思うと…
余計に 私でいいんかな?
『俺 彼女できたで!』って 友達に言えないよね…
『どんな子?いくつなん?』とか 聞かれるはず
こんなおばちゃん 友達に言えないよね…
カレが 可哀想に思ってきた(´д`)




1人 いろいろ思うと 不安になってきた(・_・、)
やっぱり 断ったらよかったんかな?



こんな気持ちを カレに言うのは…
よくないよな(>_<。)
となると ますます 不安が募る




でも カレは こんな私を好きになってくれて
彼女になってほしい!
高校以来の 一目惚れや!(#^_^#)
って 言ってくれたのに



ため息止まらない 毎日が続いた







好き!


毎日ほどの メールや電話でのやり取りの中で
カレの存在が 私の中で どんどん大きくなっていった


カレに もし 彼女ができたら
今までみたいに 連絡取れなくなる
もし 彼女ができても 私とは 連絡を取ってほしい!
と 思っていたけど
話する中で カレはそういうことはしない人だとわかった


好きな子が出来たら あ~見えて(笑) 結構一途(〃'▽'〃)


だから 誰かに紹介でもしてもらい その子のこと
好きになったら 私とは 一切連絡取らなくなる

不意に悲しくなってきた 

そんなの 寂しすぎる

そんなの イヤだ

これからも 私と 連絡取ってよ!

これこらも 私と 笑って行こうよ!


 これは??何?


 好き??
 

 気になって仕方ない…
 毎日 カレのこと 考えてる


 カレに 会いたいよ
 って 日々思う自分がいる


カレのこと
好きなんや(〃▽〃)



去年の6月19日

メールでやり取りしてるとき

カレから

『俺の彼女になってくれる?』と 聞かれた

私は 年の差というのが すごく引っかかってた
もちろん 家庭があるというのも
でも カレはそれも踏まえて 告白してくれてる

それを ぶつけてみた

『私やで? 彼女ってさぁ
○○くんの年齢に近い人で 独身の子の事を言うんちゃうの?
近くに居たら尚更いいと思うけど…』
って 返事した


カレは
『そんなん どうでもいい!だめなの? 嫌なの?』


『○○くんに相応しくないと思う 
嫌ちゃうけど悪い気がする』と 返信した


『俺は ○○ちゃんがいいの! だめ?』


『こんな 私でよければ…』と 自分の気持ちを打ち明けた!


『てか ○○ちゃん 素敵やで!』(〃▽〃)
今まで こんな事 言われたことない…


嬉しかったぁ~(#^_^#)


この日から カレとpinkpurpleの付き合いが始まりました( ´艸`)









カレの存在


 
4時間という 短い間でしたが
楽しかった♪ 大阪でのデート


お互い地元に帰ってからも
日々 メールや 私の時間がある時は 電話をしたりと
笑いの耐えない日々がつづきました(^ー^)



でも その当時 私の心の中は 
カレのことが好き!って 気持ちにはなってなかった



飲みに行く機会が ちょこちょこあるカレ
『可愛い女の子いた?』『女の子がいた方が楽しいやろ?』と聞くと
『女 いらんし いるとうっとうしいわ!!
男ばっかでええねん!』と 私にはその気持ちが分からなかった…
野郎ばっかりよりも ちょっと花がある方がいいやん♪
って 思うわたし。


でも カレは違った
男友達で飲みに行く時に
たまぁに 女の子が いると
『可愛いなぁ』とか 褒めるどころか
酷いけなし方をする(゚o゚;


『本心は そう思ってなくても ちょっとぐらい褒めてあげようよ』
って 言っても 『間違いを言ったら 本人が可哀想やん
 ちゃんと教えてあけやんと』って優しい?言葉に聞こえるけど
まぁ… 毒舌で(+_+)
pinkpurple言われたら めっちゃへこむわ( >_<)




でも 私が 隣でいるのはいいんやって(≧∀≦)
『それは 楽しすぎて たまらん( ̄∇ ̄)』だって(^-^;)



そうかな?
『こんな おばちゃんより 
もっと若くて 可愛いこ たくさんいるやん!』
と言うても 聞く耳持たず



『そんなん 関係ないねん!! ○○ちゃん 可愛いで!』
と 言われ 自然と顔が綻んでる わたしがいた(〃'▽'〃)


また 不意に『俺のこと好き?』と 聞かれた
私は 無言になってしまった…
気にはなるよ 日に日に カレのことが…



でも 心の中は
年齢差というのが大きな壁になり
一応 旦那 子供がいるというのも引っかかっていたので


『うん!好きかも(〃▽〃)』と言う言葉を
飲み込んでしまった





はじめての デート その2


さて つづき  つづき♪



お腹もすいてきて 次はどこ行く?
『どこか 行きたいとこある?』と聞くと
カレが 『カラオケに行こ~♪』って
まぁ 食べるものもあるし いいっかぁ…


でも どうしょう…
年齢差があるから 歌う曲をめっちゃ考えてしまう(^_^;

最近の曲って ぶっちゃけあんまり 詳しくないし…焦りがでてきた(@_@)

カレは 若い頃(今でも若いのに いつも言う 嫌みかヽ(゚Д゚)ノ)
音楽をやっていた
はじめて出会った時に 2曲聞かせてくれた(○´∀`○)
意外な特技に ちとうっとり(〃'▽'〃)
洋楽も好きなカレ♪


定員さんに案内され 入ると
カレが座り 私は机をはさんだ向こう側へ座ろうとしたら
カレが 両手を広げて 私に『おいで♪♪』って
その時の私は カレといると楽しいけど
好きって気持ちはなく それなのにその腕の中には 飛び込めなった…

拒否すると めちゃくちゃへこんでしまったカレ
これは 酷すぎるかな?と思い 隣へ座りに行った


でも 2人の間に 私の鞄を置いて距離を取ったつもりが
あっという間に 鞄はカレの隣に置かれ
後ろから ギュッと抱きつかれた(@^▽^@)
その後 キスされ(#^_^#) カレのめっちゃ嬉しそうな顔に
私まで 笑顔になった( ´艸`)


『知らん曲唄うと思うけど ごめんしてな カラオケ好きやけど
あんまり上手ちゃうから』とは言って カラオケスタート♪
お腹もすいてるし 食べたいもの頼んで カレから 歌い始めた 


何を歌ってくれたのか 全てを覚えていない(^o^;
ただ 一曲 じぃ~んと ウルっときた曲があった(´・ω・`)



Hilcrhyme  “大丈夫”



Hilcrhymeは知ってたけど “春夏秋冬”ぐらいしか知らず(^^;)
歌もうまいし こういうのって あかんな…
泣きそうになった(T^T)


ステキな曲を歌ってくれたカレに うっとりしてた私がいた


時間なんて あっという間に過ぎ
そろそろ 私が帰らないといけない時間になった


また エレベーターで降りようって カレが
これはまた キスされるなって 思った
でも 残念… 防犯カメラに気づいて ガッカリなカレ
残念でした(笑)


後で聞いた話だけど
人前でするのは 嫌なんだって( ´艸`)
私は全然いいけど♪ な~んてね(^-^*)



2人で なんばに戻り カレを見送り 
それぞれ地元へ戻っていった


帰り道も メールのやり取りをし
カレが地元に着いたら 電話がかかってきた♪


楽しかったなぁ(≧∀≦)



今度は いつ会えるのかな?と
カレの存在が 日に日に気になってく pinkpurpleがいた







疲れた…

今日は カレとのデートのつづきを 脱線して 愚痴っちゃいます(笑)


新学期が 始まってから 私の睡眠時間は5時間あるかないか(T^T)
もう 若くはないので 日頃の疲れが抜けないまま 
次の日を迎え 疲労はたまる一方>_<

毎日と言っていいほど 子供たちにも振り回され
度重なる送迎  疲れる…

旦那は 昔から協力してくれない (勤務が不規則なのもあるけど)
快く引き受けてくれたら お願いしたいけど
大抵 後でグチグチ言われる
それだったら 自分がしんどくても 動いてる方がマシ


先日 旦那の実家へ用事で行くと(車で10分のところにある)
義母が先月末から 腰が痛いと
病院へは 隣のおじさんに連れってもらったと


そんなん 言うてくれたら 連れて行くよ!
と 私が言うと
それ以来 病院へは行けてない
一週間後に来いと言われたけど…って
もっと早く言ってくれたら(+_+)

義姉と義母は一緒に住んでいるのに 義母はなかなか言えないみたい
自分の娘やのに… 仕事休めないしとか

明日 ギリギリになるけど 私 連れてくよ!
病院終わり 義母送り 家に着いたら
20時すぎ それから夕ご飯の支度
こうなる事は想定していたので 昨夜にある程度の夕ご飯は作っておいた
食べ始めたのは 20時30分ごろ


義母 寝たきりに近い状態になるかも
できる限りのこと 嫁やし していかないと…
来週も病院へ連れて行く予定
朝から行くから 仕事休まないと…
これから どうなるのかな(?_?;
 

今 仕事細かくて シビアでしかも 数が多い仕事をしていて
疲労感がハンパない

お風呂の順番待ってる間に うとうと…(-_-)zzz
昨夜は 上の子供に『早よ お風呂入りや!』と起こされた(^-^;)


旦那とは 必要以外口を聞いてない日々(1ヶ月ぐらい)
でも 義母の事を言わないと…
でも 話するの嫌やぁ-_-#
最近 旦那が帰ってくる時間になると 胃が痛い

今まで本当にいろんな事があった
子供のためと どんだけ我慢したきたか
でも もういいかな


私の 時間は どこに ある


まだまだ 甘いのかな? pinkpurpleは…
もっと 大変な人いっぱいいるよね


今度は 気持ち切り替えて
カレとの事をかこう






子供へ



今日は ○○○の18歳のお誕生日♪


おめでとう(^^)/


ほんと 今までが あっという間だった



これから ○○○のなりたい道へ


突き進んで下さい


そして 夢を現実にして下さい


ママは 応援しています!


これから いろんな事があると思うけど


○○○なら大丈夫(^_^)v


お誕生日おめでとう!






はじめての デート その1
カレと はじめて 出かけることになった
待ち合わせは  なんば

久々に男のひとと 出かけるってコトに
ちょっと嬉しさと 恥ずかしさが 入り混じっていた

途中 何回か『今 出た~』『○○ちゃんと会えるの嬉しすぎて でも1人退屈』
『後 どれぐらいで着く?』などなど
メールのやり取りをしながら なんばに到着♪


周りを見渡しても カレが見当たらない
電話をかけて『今 着いたよ~ 改札口出て右側にいる』
『あっ! ○○ちゃんみっけ♪』
『ほんまぁ? どこどこ』と 振り返ると 少し遠くにカレを発見!(#^_^#)

私服姿を初めてみて ちょっとドキッ(≧∀≦)
コインランドリーでは 思いっきり部屋着(スエット)だったから。

カレ 普段は出不精… 出ても地元ぐらい(笑)
私は ちょこちょこ 大阪には買い物にくる 
でも 基本 方向音痴だから いつも行ってるとこぐらいしか行けない(笑)

そうなると…
ショップの定員さんとかに会ったりするので
顔なじみのお店には行けない…(゚o゚;
さぁ どうする(/_;)

それ以外で 自分の知ってる範囲で行けるところへGo!
地下鉄もスッゴく苦手  田舎ものだから(笑)

とりあえず なんばパークスで ウィンドウショッピング
(心の中は嬉しさとドキドキと知り合いに会いませんようにと)
カレ お店見てる? 私ばかり見てない?(〃▽〃)
あんまり 欲しいものないのかな?

近々 友達の結婚式あるし
シャツやネクタイを見に行きたいと 
梅田へ移動
方向音痴なpinkpurple 前に来たコト思い出しながら
梅田へ到着♪

『どんなんがいいの? 色とかは?』『なぁ これは?』と
いろいろ聞いても 返事がイマイチ…
ほんまに選ぶ気ある? あんまりパッとしないん?
出ようか?となり
『エレベーターで降りよう』とカレが言う
『うん そうしようか』とpinkpurple
乗ってすぐに カレがキスをしてきた  
次 止まるまで何回も(〃▽〃)

人が乗ってきたら 2人慌てて離れて(^-^;
カレ すごく嬉しそうな顔になった♪
私に キスしたかったのかな?

大阪での滞在時間は 私の都合上4時間
次はどこへ行く??
お腹もすいてきたね。





なんか 寂しい

カレが居なくなってから
コインランドリーに行って
居るはずのない カレの姿を探したりしてた私


ちょっと気になる存在になってる?
この気持ちはなんだ??



カレが 地元に帰ってからは
毎日メールしてた 昼も夜も

カレが 『○○ちゃん しんどいよ>_< 癒やして(^-^*)』
かと思ったら ちょっと聞いて!と
愚痴のオンパレード…だったり
でも そんなメールのやり取りでも 私は嬉しかった♪
メールがないと不安になっていった


私と出会ってから カレは
友達から『今 彼女いやへんやろ?女紹介したろか?』って言われる度に
『ええわ 俺 今 好きな子いるから』とずっと断ってると


13歳も年上のpinkpurpleに
一目惚れしたんだって(〃▽〃)
pinkpurpleは
こんなんどこがいいんだろう…?と 何回も思った



しばらくしてから 不意にカレが
『俺のこと好き?』と 時々聞いてくるようになった
正直“好きや”って気持ちになってないまま
『好きやで』って言うのは 自分的には許せなくて
『嫌いぢゃない』と言うと 『無難すぎる…』といつもカレはへこんでた
でも その時は 好きぢゃなかった
やり取りは楽しいけど 好き!っていう気持ちはなかった


基本 カレはメールは嫌い
でも 私は特別だって♪
友達とかやったら 1週間放置とか当たり前
それやったら 電話した方が早いだって


そうやろうけど…
私の場合 いつでも電話できるんちゃうし…
メールだけが メールだけが 楽しみで(#^_^#)


始めは拒んでた私が 携帯番号を
どんな流れで いつ教えたのか 全く覚えてないけど…

いつからか電話もしだした
できる日は 1、2時間も電話してた(≧∀≦)
その分 携帯代もびっくりな金額(*_*;


カレが帰ってから 1ヶ月を少し過ぎた頃
2人で会う約束をした
大阪で♪♪



それを すごく楽しみにしてる自分がいた♪(*⌒▽⌒*)














運命?の出会い  その3


バイバーイしてから 早速カレから メールがきた
○○○です! よろしく。と

たわいもないメールのやり取りの最後の方に

『明日もコインランドリー行くん?』

『さぁ?どうやろう?』

『行く時教えて! 俺も行くから!』
って 言われ次の日何故か
『今から行くよ~』と メールを送ってる私がいた


ちょっと 会話出来るのが楽しみでもあったpinkpurple
コインランドリーに着くと カレの姿がなかった…
あれ?『行く!』と返事あったのにいない。。。
残念がってる自分がいるのはナゼだ?

ちょっとしてから カレがきた♪
そして 椅子に座り 2人の会話が始まった


頭を撫でられながら『ほんま 可愛いなぁ』と何回も言ってくれた
内心 嬉しい自分がいた
こんなコト 今まで言われたコトがなかった  旦那にも
この歳で 言われるのも 恥ずかしいけど
やっぱり女だから 嬉しかった

たわいもない会話をしてたけど
あっという間に閉店
田舎だから 閉まるのも早い

カレが『どっか ぶらっと行こ』
日付変わってますけど… 

いつの間にか ちょこんと 助手席に座ってるカレ
子供みたい(#^_^#)
『小腹空いてる?』
『空いてない~』
あっ そうかぁ…
夜中だし 道もガラガラ  そんなに遠くに行けないしなぁ
暫く ぶらぶら走って


カレが泊まってる ビジネスホテル前に到着!
『着いたよ』 でも カレ降りない…
また 頭を撫でながら『可愛いなぁ』と言いながら
突然 キスをしてきたΣ( ̄□ ̄)!
嫌がる私なんてお構いなしに
何回もしてくる…


ほんま こんな風に いろんな女と遊んできたんだろうなぁ



キスいっぱい出来て カレは満足顔♪
私は… 固まってた


カレは
仕事の都合で 私の住んでるとこにやってきた10日間の予定で。
それが一週間でカレは地元に帰って行った



もう 会うこともないんだろうな…


ちょっと楽しい時間を過ごせた…


楽しい2日間だった




 










運命?の出会い  その2


子供を迎えに行き もうそろそろ終わる頃かな?と
帰り道に寄ったのだが 
まだ残り10分もあった^^;
あれ~ おかしいなぁ…(笑) 時間配分ミスった?(汗)
その時に カレの姿はなかった


時間も遅いし 10分子供と待つぐらいだったら
一度 家に戻り 子供を降ろしてから
もう一度来ようと


そうして 戻ると 終わっていた~
そこに 見覚えのある後ろ姿
カレがいました…  時間はまだたっぷりあるのに(笑)


中に入ると 突然カレが
『なぁ なぁ 自分可愛いなぁ~』と 話かけてきた
私は??? 
また 変なコト言ってるから
『私のどこが? 周りにもっと可愛い子いっぱいいるやん! 
目 おかしいんとちゃう? 眼下でも行ってきたら?』と
私は軽くあしらったつもりが…

また カレは笑ってる…(笑)
私は笑えない( ̄。 ̄;)
その後も 洗濯物をたたんでる私に 
カレは何回も『ほんま可愛いなぁ』
私は『おかしいんちゃう?』『私 全然可愛くないし!』の繰り返し


カレは ポケットから携帯を出してきた
あっ!スマホ!
思わず食いついたわたし(^-^;
気になってた1つだったから
興味津々(≧▽≦)


『メルアド教えて!』と カレ
携帯番号は教える気はなかったけど
メルアドやったら まっ いいっか…
どうせ ちょっとの間相手されるだけで
終わるんだろう
もし 何か迷惑なコトされたら
メルアド変更すればいいか
と 軽い気持ちでした



いつも こんな風に 女の子に声をかけてるんだろうな
この チャラ男
と 思った 第一印象でした(笑)




でも 男の人に声をかけられるなんて
結婚して以来あったかな?
(ちょっとはあったわ( ´艸`) )
って 思うぐらい なかった出来事
家に帰ってから 子供達に
『ママ 男の人に 声かけられたよ~』と
嬉しそうな声で言ってた(笑)
子供達も 『えっ~~~!!!』
そんねん びっくりしなくても…(/_;)


そんなこんなで
その日は バイバーイをしました。




カレは 自分の終わる時間まで まだたっぷりあるのに
何故もう居たかというと
私の 終わる時間に合わせて 来たんだって♪
いろいろ話したかったし~ って

後で この話は聞きました(#^_^#)











運命?の出会い  その1
忘れもしない
2011年 3月24日

私は カレと出会いました。


私の住んでる街の とあるコインランドリーで

私は子供を迎えに行く前に
コインランドリーに寄り
帰りには終わってるだろうなと
時間配分を考えて行きました

空いてるとこを探しながら入っていくと
何人かお客さんがいる中に
カレはちょこんと座っていました


自分のを終わるのを待っている感じでした


私には時間がなく
慌てて 段取りをしていると
突然カレが
『なぁ これ50分でいいん?』と 私に声をかけてきました
ふと 回ってるのを見ると…
洗濯物が めっちゃ少ない(~。~;)?
それを見て思わず私は
『そんねん 回さんでいいわ!』と
初対面でタメ口で答えてた(笑)

その上 『なぁ どこに住んでるん? いくつなん?』と聞いてくるカレ
『初対面で女性に年齢聞くって失礼やな!』と言いながらも
率直に答えてた私がいた…(-_-;)


住所言っても カレは???
あっ! この辺に住んでないんかな?…

旦那や子供2人がいることも言ったけど
カレは何の変化もなかった

そんな話をしながらも カレは最初からずっと笑いっぱなし
何がそんなにおもろいんやろ?私にはナゾ(笑)


そんなこんなで 私は子供を迎えに行った






はじめまして。


私 pinkpurple 38歳
2011 3月に13歳年下くんと運命?の出会いをしました

それからの日々を綴っていこうと

最初は カレと一緒に居れてから
と 思ってたんだけど…

いつになるのか 先が見えない
それまでに 忘れてしまいそうで…








ただ
私には



旦那 子供がいる

そんな中 カレと出会った

いろんな恋愛があるとは思う

その分いろんな考え方の人がいる

私の ブログをみて 不愉快に思われた人
スルーして下さい。



こんな 恋愛
こんな pinkpurpleですが
よろしくお願いします<(_ _)>





Copyright © いつか一緒に居れる日を信じて…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。