FC2ブログ
私39歳 13歳年下のカレとの出会いからを綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命?の出会い  その3


バイバーイしてから 早速カレから メールがきた
○○○です! よろしく。と

たわいもないメールのやり取りの最後の方に

『明日もコインランドリー行くん?』

『さぁ?どうやろう?』

『行く時教えて! 俺も行くから!』
って 言われ次の日何故か
『今から行くよ~』と メールを送ってる私がいた


ちょっと 会話出来るのが楽しみでもあったpinkpurple
コインランドリーに着くと カレの姿がなかった…
あれ?『行く!』と返事あったのにいない。。。
残念がってる自分がいるのはナゼだ?

ちょっとしてから カレがきた♪
そして 椅子に座り 2人の会話が始まった


頭を撫でられながら『ほんま 可愛いなぁ』と何回も言ってくれた
内心 嬉しい自分がいた
こんなコト 今まで言われたコトがなかった  旦那にも
この歳で 言われるのも 恥ずかしいけど
やっぱり女だから 嬉しかった

たわいもない会話をしてたけど
あっという間に閉店
田舎だから 閉まるのも早い

カレが『どっか ぶらっと行こ』
日付変わってますけど… 

いつの間にか ちょこんと 助手席に座ってるカレ
子供みたい(#^_^#)
『小腹空いてる?』
『空いてない~』
あっ そうかぁ…
夜中だし 道もガラガラ  そんなに遠くに行けないしなぁ
暫く ぶらぶら走って


カレが泊まってる ビジネスホテル前に到着!
『着いたよ』 でも カレ降りない…
また 頭を撫でながら『可愛いなぁ』と言いながら
突然 キスをしてきたΣ( ̄□ ̄)!
嫌がる私なんてお構いなしに
何回もしてくる…


ほんま こんな風に いろんな女と遊んできたんだろうなぁ



キスいっぱい出来て カレは満足顔♪
私は… 固まってた


カレは
仕事の都合で 私の住んでるとこにやってきた10日間の予定で。
それが一週間でカレは地元に帰って行った



もう 会うこともないんだろうな…


ちょっと楽しい時間を過ごせた…


楽しい2日間だった




 









スポンサーサイト

運命?の出会い  その2


子供を迎えに行き もうそろそろ終わる頃かな?と
帰り道に寄ったのだが 
まだ残り10分もあった^^;
あれ~ おかしいなぁ…(笑) 時間配分ミスった?(汗)
その時に カレの姿はなかった


時間も遅いし 10分子供と待つぐらいだったら
一度 家に戻り 子供を降ろしてから
もう一度来ようと


そうして 戻ると 終わっていた~
そこに 見覚えのある後ろ姿
カレがいました…  時間はまだたっぷりあるのに(笑)


中に入ると 突然カレが
『なぁ なぁ 自分可愛いなぁ~』と 話かけてきた
私は??? 
また 変なコト言ってるから
『私のどこが? 周りにもっと可愛い子いっぱいいるやん! 
目 おかしいんとちゃう? 眼下でも行ってきたら?』と
私は軽くあしらったつもりが…

また カレは笑ってる…(笑)
私は笑えない( ̄。 ̄;)
その後も 洗濯物をたたんでる私に 
カレは何回も『ほんま可愛いなぁ』
私は『おかしいんちゃう?』『私 全然可愛くないし!』の繰り返し


カレは ポケットから携帯を出してきた
あっ!スマホ!
思わず食いついたわたし(^-^;
気になってた1つだったから
興味津々(≧▽≦)


『メルアド教えて!』と カレ
携帯番号は教える気はなかったけど
メルアドやったら まっ いいっか…
どうせ ちょっとの間相手されるだけで
終わるんだろう
もし 何か迷惑なコトされたら
メルアド変更すればいいか
と 軽い気持ちでした



いつも こんな風に 女の子に声をかけてるんだろうな
この チャラ男
と 思った 第一印象でした(笑)




でも 男の人に声をかけられるなんて
結婚して以来あったかな?
(ちょっとはあったわ( ´艸`) )
って 思うぐらい なかった出来事
家に帰ってから 子供達に
『ママ 男の人に 声かけられたよ~』と
嬉しそうな声で言ってた(笑)
子供達も 『えっ~~~!!!』
そんねん びっくりしなくても…(/_;)


そんなこんなで
その日は バイバーイをしました。




カレは 自分の終わる時間まで まだたっぷりあるのに
何故もう居たかというと
私の 終わる時間に合わせて 来たんだって♪
いろいろ話したかったし~ って

後で この話は聞きました(#^_^#)











運命?の出会い  その1
忘れもしない
2011年 3月24日

私は カレと出会いました。


私の住んでる街の とあるコインランドリーで

私は子供を迎えに行く前に
コインランドリーに寄り
帰りには終わってるだろうなと
時間配分を考えて行きました

空いてるとこを探しながら入っていくと
何人かお客さんがいる中に
カレはちょこんと座っていました


自分のを終わるのを待っている感じでした


私には時間がなく
慌てて 段取りをしていると
突然カレが
『なぁ これ50分でいいん?』と 私に声をかけてきました
ふと 回ってるのを見ると…
洗濯物が めっちゃ少ない(~。~;)?
それを見て思わず私は
『そんねん 回さんでいいわ!』と
初対面でタメ口で答えてた(笑)

その上 『なぁ どこに住んでるん? いくつなん?』と聞いてくるカレ
『初対面で女性に年齢聞くって失礼やな!』と言いながらも
率直に答えてた私がいた…(-_-;)


住所言っても カレは???
あっ! この辺に住んでないんかな?…

旦那や子供2人がいることも言ったけど
カレは何の変化もなかった

そんな話をしながらも カレは最初からずっと笑いっぱなし
何がそんなにおもろいんやろ?私にはナゾ(笑)


そんなこんなで 私は子供を迎えに行った





Copyright © いつか一緒に居れる日を信じて…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。